一時帰国あるある?アメリカに帰りたい!って思うふとした瞬間のまとめ

       
4052 VIEWS
CATEGORIES:study
-e1432719370574

karen

May.27.2015 - 09:54 am

夏休み、3ヶ月もある。ということで日本に現在一時帰国中です。冬休みは日本に帰らなかったので約10ヶ月ぶりの日本です。日本にはやく帰りたいと春学期中は連呼していた私ですが、やっぱりなんだかんだアメリカの生活に慣れてたみたいで。。。まだ帰国して一週間ほどですが、アメリカでの生活が恋しいです。笑

てことでアメリカのどんな所が恋しいか考えてみました!

①くしゃみをした人に日本人は無視
くしゃみをしたらアメリカでは誰かしらbless youっていうのが習慣。全く知らない他人であろうと、くしゃみをした人がいたらだれかが必ず言ってくれるんです。あまりにも自然にみんな言うので、なんで言うかわからずに言ってる人いるんちゃう?って思ってしまうんですが・・・笑。

bless youという意味は直訳では「神様のご加護がありますように」という感じの意味。くしゃみをした人にたいしていう意味的に訳すと「お大事に」というイメージ。元々は昔、くしゃみをすると精霊/魂が抜けるという風に考えられていたためbless youという習慣ができたそうです。私は小さい頃、家でよく流されていた子供のための英会話てきなCDでこのbless youを言う文化の説明を聞いていたので知っていましたが、留学生とかで知ってる人ってどれくらいいるんだろう・・、当たり前すぎて知らない人いるんじゃないかって感じもするくらいごく当たり前に言われており、日本にこの習慣ないのが悲しいなぁって思います。

アメリカから日本へ帰るとき、羽田から伊丹の飛行機でくしゃみをした人がいたんですが乗ってる人が100%日本人な機内では誰一人bless youと言わず(そりゃあそうだ)、思わず私が言いそうになりました。日本では他人にそういうことを言わないのが当たり前ってわかってるけど、誰も何も言わないことにすごい違和感を感じちゃいました。

個人的に私は、くしゃみをしたら例え他人でもbless youっていうアメリカの文化、大好きです。

②接客の時のフレンドリーさ
日本人ってすごい接客がステキ。しっかりしていて丁寧。なイメージがありますよね。逆にアメリカって適当なイメージがありますよね。笑

日本でお店に入ったら必ず店員さんがいっらしゃいませ〜って声かけしてきて、服とか気になったの手にとってたらすぐに「ご試着できますよ〜」てきなことを言ってきますね。アメリカは声かけしてくることもあるけど、基本は客がお店に入ってきても店員さん同士で仲良くおしゃべりしているイメージ。ちゃんと仕事しろよ〜って思ったりもするけどそのラフさがアメリカらしいなって思ったり。。

日本に帰る際、JALを使ったんですが、日本人の接客ってほんとに丁寧だな〜って思いました。飛行機にのっている人を「お客さん」感たっぷりで接してて雑さがなくって。すごいな〜って思う反面、アメリカのラフな感じのフレンドリーさに慣れてしまったからそれが恋しいなぁって思わず思いました。

それと共に感じたのが、日本人はそういう丁寧な対応を当たり前だと思っていることに少し残念に感じました。羽田でチェックインをした際、見ているとチェックインする日本人がみんな乗務員や店員さんにすごい上から話してる感じがしました。ど平日だったのでサラリーマンやご年配の人が多く、みんなチャックインで席の変更とかをお願いする際、「〜してもらっていいですか」とかじゃなくて「席窓側にしてや」とか「窓側は空いてないんか」って感じの口調で聞いているのを見て、日本ってお客さんの方が偉いって思ってなくても自然とそれが当たり前になっているのかなって。お客さんはお客さん、そういうイメージが強いなって。

③トイレに和式がある!笑
アメリカと日本のトイレはやっぱり違う!!!笑

ウォッシュレットがあるかとか、音姫があるとか、トイレのドアがアメリカは足元が丸見えなのに対して日本は天井から足元までほぼ隙間がないドアだったり。。。

アメリカに行ってすぐは足元みたら誰かわかってしまうドアが落ち着かなかったり、音姫がないのが恥ずかしかったり、、といろいろだったけど日本に帰ってくるとその辺はあんまりなんも思わないというか自然にあるのが当たり前感で受け入れられましたが。

和式と洋式が混ざってるのは、あ〜!ってなりました(笑)アメリカって和式がないからトイレに入りかけて「あ、和式だ…違うところにしようかな。」ってことがなかったなぁーって日本の空港でトイレにいって思いました。

和式が嫌い、とかではないけど、(むしろ並んで待つくらいなら和式入る人だけど、)アメリカでは和式がないからとても違和感を感じたんです。

④日本のスタバにはrefresherがない!

日本とアメリカのスタバってやっぱりメニューもサイズも違うんですよね。日本はスモールっていうサイズがあるけどアメリカはトールが一番小さいサイズだし、期間限定のフラペチーノも日本とアメリカでは全然違うし、日本では名前なんか滅多に聞かれないけどアメリカでは大抵名前聞かれるし・・・。

そんな中でもrefresherという名前のドリンクが日本ではメニューにないのが残念。日本では期間限定でリフレッシャーライムとかが出るみたいだけど、アメリカではハイビスカス・ライム・オレンジの三種類が常にあり、このオレンジがお気に入りの私にとっては日本で飲めないのががっかりです。また、日本で一度オレンジのリフレッシャーを飲んだことあるんですが、その時はおいしいとイメージが全くなく、高いわりにいまいちと思ってたんですが、アメリカは日本より値段も安く、また味も少し違う気がしました。(日本のはカフェインが強調されていたのに対してアメリカのはただ甘い飲み物って感じでした)

すたば

*一番左が抹茶ラテアイスのベンティサイズ、真ん中がrefresherのオレンジのグランデサイズ、一番右が期間限定で販売されていたスモアーズフラペチーノのトールサイズ。

スモアーズとは:調べてみるとNaverまとめにも載っていました!アメリカのBBQ定番のお菓子。焼きマシュマロは日本でもよくやりますが、アメリカでは焼きマシュマロとチョコをグラハムクラッカー(クッキーみたいな感じ)で挟んで食べるおやつが定番です!焼きマシュマロの熱でチョコが少しとけておいしんです:)!!!

⭐︎他にアメリカだから、という訳じゃなくどこの国でも、多分関西から東京の大学に進学しても恋しくなるであろうこともあります

(1)友達
やっぱり大学の友達に休み中会えないのは大きいなぁとまだ一時帰国して一ヶ月も経ってないけど思います。自分がアメリカに残っていても、みんなそれぞれの家、それぞれの国に帰るから同じ。毎日、毎週のように話してたり遊んでた人たちに長期間会えないのはやっぱり寂しいですね。

(2)自由度?
家に帰るっていうことは頼れる家族がいるってこと。それが嬉しい反面、自分でできることなのに親に甘えたり、普段は遠くにいるからしつこく言われないことを注意されたり、いい意味でも悪い意味でも家族と一緒にいるってことはアメリカにいる時との自由度が変わるんです。自分が少し子供に戻る感覚もやっぱりあります。
それに1人の時間っていうのが減ります。これは家庭にもよるかもしれないけどうちは家族仲良くて絡みが多いから自分の部屋にこもるっていうことが今まではあんまりなかったんです。アメリカだと自分の部屋っていうのが(ルームメイトはいるけど)あり、1人の時間がたくさんあったのでその差も感じますね。

⭐︎もちろん逆もあります、日本に帰ってきて気づく日本のいいところ(イコールあんまり好きじゃない、アメリカのこんなところ)

①電車・バスの時刻通りに出発するところ

これは大きいです。アメリカは3分遅れたぐらいじゃON TIME(時刻通り)って堂々と言ってます。なのに日本だと3分遅れってなっただけで「ご迷惑をおかけします」って案内がながれたりしています。今まで私も3分遅れって表示が出ただけで「また遅れてる〜」って文句を言ってる人でした。が、アメリカの時刻通りに来ることのレアさに慣れた今は、「たったの3分じゃん」ってなります。笑。もちろん時刻通りに来て欲しいって思うけど。

アメリカは時刻通りにバスが来たりすることがレアでたまに一本勝手にキャンセルになったりもするくらい。時間にルーズな感じがアメリカらしい、けど、やっぱり時間通りに電車が来るって素敵です。

②電車・バスの中では通話禁止

電車・バスの中でケータイ電話での通話禁止。は日本では当たり前のルールですが、アメリカにはそんなルールありません。みんな普通に電話に出ます。

日本のこのルールに慣れてた私は一回バスに乗ってる時電話がかかってきて思わず電話に出ることなく切ってしまいました。そしてよく考えたら電話にこっちではでてもいいんじゃん!ってなってもう一回かかってきたときに出たのを覚えています。

アメリカでは電話でてもいいんだ、「いいじゃん!」って思う人もいると思うんですが、私は日本のルールに慣れていたからか、アメリカで電車やバスで電話してる人がいると何の話をしているか聞こえちゃうところがあまり好きじゃなくて嫌です。

———————————————————————–

ぱっと思いついただけでもこんな感じ。どちらの国にも好き/嫌いな所がありますが、やっぱりアメリカにいるときは日本が恋しくなり、日本にいる時はアメリカが恋しくなるみたいです:)

       

karen

関西出身・ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の大学生。 business managementとasian american study専攻、副専攻はJapanese study。大学生活についていろいろシェアしていきます!:)