ニューヨークで演劇専攻!SNSで大人気の留学生ユニット、Twins New Yorkにインタビュー!

       
3540 VIEWS
CATEGORIES:interview
21585581_1309380352505873_1158145168_o

Yu

Sep.10.2017 - 07:28 am

今日はニューヨークのマンハッタンにあるコミュニティカレッジをシアター専攻として卒業して現在はSNSでも大人気のTwins New Yorkのお二人にお話を聞いてきました!

Twins New York


マンハッタンで演劇(シアター)を学ぶ、MiyuとSeikaによるユニット。それぞれアメリカでシアターを学ぶために高校卒業後に渡米。コミュニティカレッジ在学中のショーのオーディションにて奇跡的な出会いを経て現在に至る。現在は2人ともコミカレを卒業してインターンシップやOPTに励む。それぞれの活動をしながらInstagramやYoutubeでショートドラマからニューヨークシティでの暮らしまで様々な情報を発信している。常に自分を表現できる場所を探している、とってもキュートでポジティブな2人組。



2人ともなぜNYで勉強しようと思ったの?




Miyu: 歌・演技・ダンスを勉強したくて、ブロードウェイもあるし舞台の本場だからNYにしようと思って探していたの。大学を選ぶときにはママがニューヨークのガイドブックを買ってきてここはどう?って言ってくれて、面白そう!!!と思ってそこに行こうと思った (笑)





Seika: 日本にいるときはもともとダンスをやっていて、それでずっと留学するって決めていたの。ちょうど姉がアメリカに住んでいたっていうこともあって、高校生の間に1回ロサンゼルスとニューヨークに行ってみたんだよね。ニューヨークの方が合ってるかなあと思ったから、それでニューヨークで勉強しようと思った!最初の1年はESLも含め2,3校転々としたあとに、今までいたコミカレに落ち着いたという感じ。





2人が出会ったきっかけは?




Twins: 出会ったのは、実は入学してから3セメスター目。舞台のオーディションがあってそこでお互い日本人っぽいなあって思って話してみたら実は日本人だったという感じ。学生が25,000人いる大きな学校で日本人は60人くらいいるんだけど、出会う前は全く知らなかったし、話してみたら共通の友達が多くて驚いた!



21556375_1309382002505708_2053889903_o



2人の共通しているところは?




Miyu: 2人とも超がつくほどのポジティブな性格!楽観的!2人で話しているときはあんまり感じないんだけど、第三者と話しているとすごく言われる!




Seika: お互いにネガティブになることがあんまりない。ネガティブになるポイントが違うから、片方がネガティブになったとしても、もう片方は楽観的だからいいコンビだと思う。




SNSでいろいろ発信しているけれど、それらを始めようと思ったのはなぜ?




Miyu: これはね〜、せいかの熱烈なオファーと行動力から始まったの。





Seika: そう、見たり話したりしたらわかると思うけどMiyuってすごく魅力的なの。だから初めて会った時に、この子と一緒に何かやりたい!って直感的に思った。だから2回目の時にインスタとかやりたいことのアイデア持ち寄って、会って3回目にはもう撮影初めてた(笑)





えええ すごい!2回目くらいにアイデア持ち寄られたときはMiyuuはどういう心境だったの?




Miyu: うん。もうアタックがすごかった(笑) Seikaの周りには自己プロデュースして自分でビデオ出すとか、行動力ある人が多くて、実際にせいか自身も行動力がすごい。たまに怖いくらい。だから最初はLINEとかでも、デートの誘いみたいにすごいメッセージたくさんきた。でも不思議と嫌じゃなくて魅力的だなあと思って、ついてこうと思ったの。今でもSeikaが全て案を出してディレクター的な役割ずっとしてくれてる!Seikaが言うならできる気がするなあって感じでやっちゃう!もうなんだかんだ1年以上続いてるよ。




名前をTwins New Yorkにした理由は?




Twins: 最初はSeika and Miyu Project みたいな感じだったんだけど、なんか名前考えたいねーってなってたんだよね。そんな時にたまたまカフェテリアでレジの人に「君たち双子?」って聞かれて、それでTwinsいいねってなったの。もともと「New York」も入れたいと思っていたから、「Twins New York」って名前にしたの。よく本物の双子ですか?っていう質問を頂くんだけど、双子ではありません (笑)




実際にどんな内容を投稿しているの?




Seika:今はYoutubeとInstagramをやっていて、例えばショートドラマや留学あるある、ちょっとした英語の解説なんかもやっているよ。YoutubeにはInstagramのNG集とかも載せていてそれが意外と好評だったりするかも。





Miyu:やっぱり私たちシアター勉強してるし、最初はショートドラマが多かったかも。でも基本的に何をやるとは決めていなくて、面白そうだなって思ったものはなんでもやるみたいなスタンス。





今、Instagramの方はフォロワー1,900人超えててすごい!2人で活動していてどんなところが楽しい?




Miyu: めっちゃ楽しいよ!まず、仲いい人とこうやってできることが楽しい。





Seika: 私は自分を表現できる場がひとつでも増えたらいいなと思ってこれを始めたんだよね。こうやっていろんな人がコメントくれたり、新しい出会いがたくさんあったりすることが本当に嬉しい。やりがいもあるし本当にやってよかったなっていつも思う。





2人とも英語はどうやって勉強したの?




Miyu: よく勉強方法何ですか?って聞かれるけど私たちも勉強中だから、それはバイリンガールのちかさんに聞こう!って思っちゃう(笑) でも最初の英語のシーンとかやったときには、友達にわからない発音とか聞いたり、グラマーとか直してもらってた。





Seika: あんまり勉強しようっていう意識はあんまりなくて、ただただこっちで毎日必死に生きているって感じ。





Miyu: 最初の頃は、基本的なことは言えても意見を言ったり説明するのが大変だった。あとリスニング!日本では英語の先生とかきれいな英語話す人としか今まで触れ合ってなかったけど、ニューヨークシティに来たら学生も教授もいろんなアクセントの人がいるからそれを理解するのが大変だった。





Seika: わかる。それで教授を変えたことあるもん。





Miyu: クラスとか舞台とかしっかり理解するためにも必死に聞いたり話してる。でもだんだんわかってくると楽しいって思えるからやっぱり英語は大切だよね。最初は発音ができなかったりしたんだけど、話さなきゃ始まらないから、多少引かれたとしてもとにかくハイテンションで話しかけるようにしてた。始めは理解してもらえないと、英語話せなくてごめんなさいって感じだった。でももう4年目ともなると、わかってもらえない時は、NYに住んでるならいろんな国籍やバックグラウンド人いるわけだし、アクセントも違うし、1回でわかれよーって逆に向こうに対して思ってしまうくらい!



21556937_1309389479171627_1171132774_o



話すの怖いとかなかった?




Seika: 話すの怖いとかはなかったかも。話せないけど話してた!





Miyu: 私は話すよりも治安が怖くて、フラフラしてたら臓器取られると本気で思ってたから、外では携帯使わなかった!手にマップ描いてた(笑)





ニューヨークの好きなところと嫌いなところは?





Seika: 人が好き。いい意味であんまり周りを気にしないし、ドライだから生活しやすい。いろんな人種がいるし、マイノリティも受け入れられてるしダイバーシティな環境なのもいいなって思う。嫌いなところは物価が高いし街が汚いところ。あと家賃が高いところ。





Miyu: 好きなところは人との出会いが多くて、同じ興味のある人とのコネクションが作れるところ。第二のホームって思える!嫌いなところは色々あるけど、特に地下鉄がすごく遅れるところ。





わかる。地下鉄すごい遅れるから私も毎日インターン行くのに必死。それに同じ都会でも東京は臭わないのにニューヨークは臭いよね。





Miyu: 考えてみたら嫌いなところの方が多く浮かんでくるのにそれでも好きだって思ってしまうからこの街は不思議。





2人ともカレッジ卒業していまはなにしてるの?





Miyu: 私は去年カレッジ卒業していまはOPTで子どもたちの音楽の先生をしてる。子どもたちが年に何回かミュージカルをするんだけど、そのディレクターのアシスタントをしてる。それが今年の9月までだから、それから4年制大学に編入して専攻でシアターを、副専攻でMusic Education(音楽)を勉強する予定。





Seika: 私は今年カレッジ卒業して、いまはブルックリンにある地元のシアターでインターンをしているよ。この前は同じ会社でインターンしている他のインターン3人とみんなで一からショーを作って、先月公開した!ちなみにMiyuuも出演したよ!あとはもう1つインターンをしていて、日本のシアターの会社でアシスタントディレクターとして働いてる。





日本で演劇をやる選択肢はあった?





Miyu: うん。劇団四季とか好きで、日本にいた頃は普通に日本の大学に受験するつもりだったけれど、こっちのシアター見てみて、アメリカのシアターで関われる仕事につけたらいいなあと思った。




Seika: 私は日本での演技の経験は全くなくてこっちに来て初めて演技した。今まで舞台で踊ることはあっても喋ることはなかったから、アクティングのクラスで初めて人前で演技した時はめちゃくちゃ緊張した!でも案外楽しかった。日本での舞台経験がない分日本で舞台を勉強するっていう選択肢は全くなかった。





Miyu: 私は日本で中学校高校と6年間英語演劇部で英語でミュージカルとかをやっていて経験があったけど、それでも緊張したよ!だけどせいかは本当に初めての演技がアメリカで、英語で、しかもアメリカ人の前でって考えると本当にすごいと思うしよくやったなって思う。




Seika: 留学を始めたのが若かったのもあるのかなあ。でもダンスをずっとやっていたから舞台に立つっていうことに抵抗は全くなかった!





Twins New Yorkの今後の目標は?





Seika: もっと自分たちをプロデュースして見せれる場を作れたらいいな。”踊りたい。歌いたい。演技したい” っていうのは常にあるから、自分たちが出る舞台をつくったりとか、それを実現できる場を作って行きたい。あとは日本の留学に憧れている人たちに希望を与えれたらなと思う。日本にダンスも歌も上手い人がたくさんいるのに埋もれている人が多い気がして、こんな私たちにもできるんだからみんなにも絶対希望があるっていうのを伝えたい。




最後にみんなにメッセージをどうぞ!





Twins: 人生、適当に楽しくやろうぜ!!!!!!!!!


21584308_1309396619170913_1682647816_o

インタビュー後記


私が今までの人生で出会った人たちの中でもトップクラスの元気でポジティブな2人。実際に会う2人もInstagramやYoutubeから伝わってくるとっても魅力的でキュートなふたりそのままで、そんなエネルギーに溢れる2人と話していているとこちらまで元気になってきました。自分が勉強しているビジネスとは全く違うシアターを勉強している2人の話は未知なことばかりで本当に面白かったです。

これからさらに活躍の場を広げていくだろう彼女たちの行動からは目が離せません!Twins New YorkのInstagramとYoutubeではショートシーンから留学あるある、英語のミニレッスンまで、内容が様々でとっても面白いのでぜひチェックしてみてください!


Instagram:https://www.instagram.com/twinsnewyork/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCRtJcmzzcVI3apVrfw77wgA



       

Yu

アメリカ東海岸の大学で勉強中。新しい物事や人との出会い、ワクワクが大好き!いつか世界一周するのが目標です。