ボストン喫茶探訪録 #1:学生にも市民にも愛される、ボストンおすすめカフェ5選!!

       
2397 VIEWS
CATEGORIES:cafe
hatch4 Think

3ZU

Jan.05.2016 - 05:43 am

あけましておめでとうございます。とうとう留学が終わり日本に帰ってきた3ZUです。やるやる言っといて間延びしてすみません。今回こそ、私がボストン滞在中に最も力を入れた「喫茶店めぐり」のまとめをさせていただきます。

それでは紹介いたしましょう。

学生にも市民にも愛される、ボストンおすすめ喫茶店5選!!

 

▼ Pavement Coffeehouse ――ボストン大学の学生の憩いの広場、ときどき修羅場。

hatch4 Pavehatch4 Pave4

ボストン大学(以下、BU)は東西に約2km以上ありますがこのPavement coffeehouseはそのほぼ中心、キャンパスのすぐ向かいにあるので多くのBU生が集まります。というか、お客さんはほぼ全員BUの関係者かも。ときどき教授もやって来るそうです。

日本と同じでBUの学生もよく喫茶店(もしくは図書館)で勉強します。カフェインがないと集中できない人達(私)。アメリカ人全体の一日のコーヒー消費量は4億杯近くらしいですね。入り口付近の大きなテーブルはテイクアウトを待つ人々のたまり場、奥は腰を据えて課題に取り組む学生たちのスペースになっています。試験前の土日は奥の空間がお喋りも自重するような異様な雰囲気に包まれていることも。BU生のリアルな日常が垣間見える喫茶店です。

hatch4 Pave3

アメリカの多くの喫茶店では、受け取り防止のため注文時に名前を聞かれます。日本のスタバでもよくありますね。しかしこれが厄介で、ジョンとかキャサリンとかそういうイングリッシュネームなら店員さんも名前だけで通じるのですが日本人の名前は分かりにくい! 週三回くらいの割合で通っていた自分も、毎回スペルを説明しないといけなくて面倒くさい思いをしました。適当なニックネームを言っておくか、自分のイングリッシュネームを用意しておいた方がいいかも??

 

#2 Thinking cup ―ボストンおしゃれ喫茶店、第1位?

ボストンの観光名所のひとつ、Newbury streetは様々な有名ブランドが立ち並ぶショッピング街です。赤レンガ造りの街並みも美しく、通りを歩く人々もとにかくお洒落! そんな中に店を構えるThinking cupも当然、とても素敵な喫茶店です。

hatch4 Think3hatch4 Think4

店は半地下になっていますが昼間は外のテラス席にも座ることが出来ます。隣はRalph laurenと、ボストンで有名なカップケーキの専門店“Georgetown cupcake”。こちらのカップケーキも是非一度試してみてください。

hatch4 Think2

おすすめはなんといってもケーキ類! 見た目も綺麗で甘過ぎないティラミスやタルト、色とりどりのマカロンもお試しあれ! 自分はここのティラミスが気に入り過ぎて、近くに寄ったら必ず食べるくらいになってしまいました(笑)

 

#3 Trident Booksellers & Café ―カフェ+本屋+雑貨店の融合!?

本屋で美味しいコーヒーを飲みつつ、手帳や雑貨も見て回れたら……。そんな夢を叶えてくれるのがこのお店。Newbury streetからBUへ少し歩いたところにあります。二階では本屋らしく文学に関するイベントがときどき開かれます。詩の朗読や文学談義を聞きながらコーヒーを飲むのも悪くないかも?

hatch4 Tri3

おすすめはこれでもかとクリームを乗っけたEspresso Viennese(ウィンナーエスプレッソ)。強烈な見た目の割に意外と甘さ控えめでパクパクいけます。軽食だけでなくレストランもやっていて、やや値段は張りますがオムレツやエッグベネディクトもおいしい多芸なお店。食事をしながら棚の本を読みふけってもOKです。

hatch4 Tri5hatch4 Tri2

 

#4 L.A Burdick ―チョコ好きの聖地!チョコが好きなら外せない!!

hatch4 LAhatch4 LA3

チョコレートは何が好みですか? ミルク派、ダーク派、ホワイト派? どれ推しであっても大満足間違いなしのチョコレート専門店、それがL.A Burdick!!店内には所狭しとチョコレートのお土産が並び、お洒落な限定マグカップとソーサーも販売しています。もちろんボストン名物クランベリー系のチョコも。ややお値段は張りますが土産屋としても大満足です。ありきたりなブランドのチョコに飽きたら、ここを訪れてみるのも良いでしょう。

hatch4 LA4

おすすめはもちろんホットチョコレート! 超濃厚で体の芯から温まります。チョコレートの味が強すぎてコーヒーが見当たらないモカや、多種類にわたるチョコケーキも試してみましょう。ただし、虫歯と糖分摂りすぎにはくれぐれも要注意!!

 

#5 Render coffee ―一杯一杯丁寧に。街外れのちいさな喫茶店。

ボストンを歩くと言えば、やっぱりお洒落ではなやかな市街地! でも、少し外れた住宅街の中を散歩していても新たな発見が待ち受けています、例えば一杯ずつとても丁寧にコーヒーを淹れてくれる、アットホームな名喫茶とか。

hatch4 Render

最大のおすすめはやはり5分かけてドリップするコーヒーとキッシュ。チーズをふんだんに使ったこのキッシュがめちゃくちゃ美味しい。外の生地はパリパリで、内側はふわふわ。味の濃いチーズの焼き色と香りもすばらしい!! ボストン名物クランベリーを混ぜ込んだスコーンも人気です。

hatch4 Render3

アメリカのコーヒーが何故不味いかと言えば、そこには2種類の理由があると思うのです。

ひとつはご存じ、とにかく薄い。そして量がバカみたいに多い。ホットコーヒーを頼むとカップが重くて持てなかったりする。スタバで例えるとアメリカのスモールが日本のトール並みだったり、さらにそもそもスモールが無かったりとか。

そしてもうひとつは、彼らが淹れたてにこだわらないからです。大抵のお店では大きなポットに先に大量に淹れておいたコーヒーを貯蔵して、ドリップが頼まれた時にそこから注ぐスタイルをとっています。そうするとすぐに酸化が進んで、あの酸っぱいような苦いような変な味になる。風味もなくなる……まぁ、あくまで推測ですが。

前回の記事で触れたようにアメリカ(特に東海岸)にはまだサードウェーブが浸透していません。コーヒーはあくまで眠気覚まし、スタバで買って仕事前にグビグビ飲むもの、みたいな認識なのかもしれません。だからRender coffeeのようなお店は貴重です。こういうお店のスタイルがボストンでももっと流行ればなぁ、と思うのです。

hatch4 Render2

次はハーバードやMITのあるケンブリッジ付近の喫茶を紹介します! 乞うご期待!

——————————————————

はっちすたじおNew YorkではInstagramがあります!ニューヨーク州各地のローカルな写真、ニューヨーク州立大学の画像が満載です。ぜひフォローしてください♪

http://instagram.com/hatchstudiony

       

3ZU

現在ボストン大学に1semester期間留学中。喫茶店巡りと散歩をこよなく愛する変人。 短い留学期間でどこまでお役に立てるか分かりませんが、濃密な日々を送っていこうと思います。よろしくお願いします。