コーヒー好き必見!!シアトルの趣ある"インディペンデント系"喫茶店を巡る!

       
837 VIEWS
CATEGORIES:cafe
hatch3-#4

3ZU

Dec.02.2015 - 07:57 pm

お久しぶりです!いよいよボストン留学の終わりが近づいてきた3ZUです。先日のThanksgiving dayでは、自分がいい加減アメリカンコーヒーの薄さに辟易してきたこともあり、『アメリカの珈琲の首都』とも呼ばれるシアトルまで4日間ほど旅行をしてきました。

今回は、シアトルで私が見つけたおすすめの喫茶店情報、そしてちょっとしたコーヒー事情をお届けします!

▼Zeitgeist Coffee (171 S Jackson St) ――「時間の精神」の何たるか?

hatch3-#3(1)

Zeitgeist Coffeeはシアトル中心部、Pioneer Squareからやや南に位置するインディペンデント系(StarbucksやTurry’sとは異なり個人経営や小規模チェーンのお店を指します)の喫茶店です。店内は赤煉瓦の壁が印象的な落ち着いた雰囲気で、Macで作業をしたり静かにお喋りを楽しむ人々で賑わっています。

hatch3-#2hatch3-#3
*ノリの良い店員さんにクスリ。

お勧めはやはり、記事先頭に挙げたダークモカでしょうか。このお店のモカは一般的なものより少し濃いめで、ミルクの甘さとコーヒーの苦味が繊細なバランスで楽しめます。甘いの大好き!という女性の方にも、ブラックこそ至高!という珈琲通にもぴったりな一杯といえるでしょう。

さて、店名の“Zeitgeist(ツァイトガイスト)”の意味とは。店員さんに尋ねると“The spirit of time”――『時間の精神』(ドイツ語)との答えが。さらにその意味を尋ねると、にっこり笑って「わかりません」。なら仕方ない、少し考えてみました。真っ先に思い浮かぶのは物理的時間と精神的時間。相対的時間とも言ってもいいかもしれません。試験前やレポートの締切直前に、信じられないほど時計の針が早く進むアレです。

喫茶店にはいくつかのスタイルがあります。1つはおなじみStarbucksのような、大量生産大量消費を旨とし、ファストフード的な側面で愛される喫茶店。そしてそれに対抗するのがインディペンデント系、すなわちお店の雰囲気や丁寧なサービス、会話を楽しむ喫茶店です。自分がこよなく愛するのは後者であり、今回の旅で巡ったのもその系統になります。

楽しそうに談笑する人々や赤煉瓦造りのレトロな壁を眺めながらダークモカの繊細な味を楽しんでいると、いつの間にか一時間があっさり過ぎていました。会話を邪魔しない静かなBGMと落ち着いた雰囲気のせいでしょう。もう何杯か頼んでいれば、一日中だって過ごせたかもしれません。

一時間を一瞬に感じさせてくれる場所。Zeitgeist coffeeは紛れもなく一流のインディペンデント系カフェであり、まさしく『時間の精神』を味わう場所なのかもしれません。

 

▼El Diablo Coffee Co.(1811 Queen Anne Ave N #101) ――キューバ風エスプレッソの不思議な魔力。

hatch3-#5

シアトルの街の特徴をひとつ挙げるとするなら、それはとてつもなく坂が多いこと。有名な観光名所のひとつ、スペースニードルタワーから北西へ、長い長い坂を上りきったところにこのお店はあります。書店と合体し、開放感のある造りが特徴的です。

店内は一瞬ぎょっとするほど派手な黄色で、赤い悪魔の絵がそこら中に描かれています。しかし不思議と居心地は悪くなく、むしろ店中の絵を見回しながら楽しく過ごすことができるお店です。

hatch3-#7hatch3-#8

おすすめはキューバ風エスプレッソ。おそらくシアトルでも飲めるのはここだけではないでしょうか(未調査)。

エスプレッソといえば特別に濃く抽出した珈琲ですが、これは普通のものよりさらに濃い。どろりとしてます。そこに砂糖を加えて苦味を抑え、中和のためにソーダとあわせて頂くスタイル。このソーダにもほのかにラズベリーの風味がついています。

急な坂の頂上まで歩いてきた我々はもうヘトヘトで、さっさと珈琲を飲んで次の店に向かう気満々でしたが、この物珍しい珈琲に興味をそそられて腰を落ち着けることに。あの強烈な苦味と甘さ、それをソーダで迎え撃った時の独特の爽やかさはなかなか味わえないでしょう。そう思うとなんだか、またあの坂を上ってみたくなるのでした。

 

▼Lighthouse Roaster(400 North 43rd St) ――ローカル喫茶店で、優雅な午後を。

hatch3-#9

El Diabloから更に坂を北上した先にあるFremont地区にある喫茶店。流石に徒歩で登る体力はなく、バスを利用しました。付近は観光スポットも特になく、閑静な住宅街になっています。観光客もあまり訪れないのか、店内は子連れの奥様方や休憩中の労働者ばかりでした。

hatch3-#10hatch3-#11

都市部にある喫茶店ばかりが優れているとは限りません。地元住民の集まるこのローカル喫茶店のおすすめはこのスモールラテ&クルミケーキ。店内のロースターで焙煎したばかりの風味豊かなコーヒーを入れてくれます。

このラテの泡がすごいのです。モフモフ、ふかふか、モコモコと言うべきでしょうか。下の珈琲を飲もうにも口に張り付いてくるような感触で楽しませてくれます。あの泡密度もなかなか味わえるものではないでしょう。店内で豆を挽き、ローストし、一杯ごとに丁寧に淹れるインディペンデント系カフェならではの業です。

 

▼Espresso To Go(3512 Fremont Place North) ――地元民御用達、硬派なエスプレッソバー。

hatch3-#16hatch3-#17
ETGはFremont地区にある小さな小さな喫茶店(?)であり、今回シアトルで見つけた中でも一番好きなお店です。

人通りの少ない路地の一角にひっそりと居を構え、地元民に淹れたてのエスプレッソを提供しています。店内は極めて手狭で、椅子はたった二脚、正方形の小さな机が一台あるだけです。スペースのほとんどがカウンターと作業場で埋まっており、落ち着いて座れる空間はありません。それもそのはず、このお店はTo go(テイクアウト)専門のエスプレッソバーであり、珈琲をオーダーすると店員さんがその場で淹れてくれます。

この手のエスプレッソバーはアメリカには珍しいと聞きます(行ったことがないので分かりませんが)。ただ純粋に、出来立ての美味しいコーヒーを提供するためだけの空間。ゆったりと落ち着ける喫茶店も良いですが、こういう硬派なお店も素敵です。

hatch3-#18

エスプレッソといえばとにかく苦い、もしくは酸っぱいと誤解されがちですが、それは豆の種類や品質、煎り方によっても異なります。ETGのエスプレッソは比較的マイルドで、苦味と酸味のバランスが上手くとれていて美味しいです。そのせいかアメリカの人々にも人気なようで、目立たない外観の割に常に地元民の列ができています。

余談ですが、我々の後ろに並んでいた地元民の方に「この辺で一番の珈琲屋はどこ?」と尋ねると、「こことLighthouse Roasterさ」と教えてくれました。更にお互い”I LOVE COFFEE”の愛読者だったのでびっくり。珈琲好きの輪は、やはり喫茶店で縮まるものなのです。

 

▼Starbucks Reserve Roastery&Tasting room(1124 Pike St) ――スタバの本気!シアトルに新たな珈琲名所が誕生。

hatch3-#20

さて、長々とご紹介してきましたが、そろそろ私が大のスタバ嫌いであることに気づかれた方もいるかもしれません(笑)

そのため今回シアトルを訪れる際、スタバの珈琲だけは飲むまいと決めていました。かの有名な一号店に入った時も、お土産だけ買って飲み物は一切頼みませんでした。しかし、そんな私でもどうしても入らなければならない場所があったのです。

それがここ、去年オープンしたばかりの巨大焙煎工場。店内には巨大なロースターやミル、様々なドリッパーが並び、ここで製造したコーヒー豆を各店舗に送りつつ販売しています。近年のサードウェーブ(豆の種類や淹れ方にこだわるインディペンデント系カフェの流行)に乗って、大量生産を旨とするStarbucksがやや方針を変えつつあるのです。いずれは今のイメージから脱却し、新たなStarbucks像が世界中に広まってゆくかもしれません。

hatch3-#21hatch3-#19

*スマトラ、カメルーン、エチオピア三種飲み比べ($15)

店内の様々なマシンを眺めているだけでも楽しいし、スタバならではのお洒落なタンブラー、カップも一号店以上に種類が豊富です。ややお値段は張りますが、工場内で製造しているだけあって珈琲も美味しいです。観光客が多すぎてゆったり落ち着けるかは微妙ですが、珈琲好きにはたまらない場所であることは間違いありません。

シアトルに生まれた新たな珈琲名所、一度は訪れてみてください。

 

さて、シアトルのおすすめ喫茶店を五軒ほど紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。喫茶店紹介など既にやり尽くされたジャンルであるようにも思えますが、自分で訪れてみなければ分からない何かが喫茶店にはあると思うのです。

帰国までに、今度こそボストンの喫茶店紹介もやってみようと思います。

それでは、またの機会にお会いしましょう!! 3ZUでした。

 

——————————————————

はっちすたじおNew YorkではInstagramがあります!ニューヨーク州各地のローカルな写真、ニューヨーク州立大学の画像が満載です。ぜひフォローしてください♪

http://instagram.com/hatchstudiony

       

3ZU

現在ボストン大学に1semester期間留学中。喫茶店巡りと散歩をこよなく愛する変人。 短い留学期間でどこまでお役に立てるか分かりませんが、濃密な日々を送っていこうと思います。よろしくお願いします。